産後、顔のシミにお悩みのママさんへ!おすすめの化粧はこちら!

 

「産後、シミ・そばかすが増えた・・・・」
「子供を産む前より、シミが濃くなって気がする」

 

鏡を見るたび、スマホで自撮りするたび、

 

(ちくしょ〜(涙) シミの馬鹿野郎!)

 

と嘆いているかもしれません。

 

妊娠中のシミが増える理由は、女性ホルモンが普段の100倍以上でることが原因と言われ、
産後、放置しておけば、特に問題はありません。

 

と言いたいですが、産後でも顔のシミが残るママさんは多いです(^^;)

 

そこで、今回は産後のママさんに特化した、おすすめのシミ対策化粧品をご紹介します。

 

※トライアルや全額返金保証付きを中心にご紹介します。
※産後のため、ハイドロスキン配合の化粧品は除外します。

 

シミ対策用の化粧品ランキング

 

ホワイトニングリフトケアジェル ・シミウス

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

  • 返金保証:30日保証あり
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:3,795円

 

 

シミウスはシミ対策や美白向けのオールインワンジェルです。

 

最大の特徴は”医薬部外品”&”マッサージ用”で、他社の商品にはない強みです。

 

 

デメリットは?

 

多忙でマッサージなんて無理!
という人には向かないです(汗)

 

 

【シミウス 公式サイト】
→https://www.mebiusseiyaku.co.jp

 

 

 

ディセンシア サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト

 

サエルインナードライ訴求バナー

 

  • 返金保証:30日間保証付
  • 内容:
    • 薬用美白化粧水:14ml
    • 薬用媚薬美容液:8ml
    • 薬用媚薬クリーム:9g
    • エッセンスインCCクリーム

  • トライアルキット:1,480円

 

サエルは刺激が少ない!敏感肌のあなたにピッタリです。

 

返金保証付き&トライアルキットなので、これほど安心できるシミ対策用の化粧品は他にはないかも?

 

デメリットは?

 

少しさらさらなため、手からこぼれやすい
※個人差があるため、なんとも(汗)

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【ディセンシア 公式サイト】
→https://www.decencia.co.jp

 

 

シズカゲル

 

シズカゲル

 

  • 返金保証:30日間
  • 内容:60g1か月分
  • 通常購入:4980円

    ※定期購入:2980円

 

 

シズカゲルはシミい以外にも、シワ・毛穴・乾燥・肌荒れなど多角にケアするオールインワン化粧品です。
発売されてまだ日が浅いですが、雑誌やSNS(※インスタ)を中心に、話題沸騰中です。

 

デメリットは?

 

トライアルキットがない点です

 

 

【公式サイト シズカゲル】
→http://by-shizuka.jp

 

 

ビーグレン ホワイトクリーム

 

美白ケア(本製品2)

 

 

  • 返金保証:365日間保証付
  • 内容:
    • クレイウォッシュ(15g)
    • QuSomeローション(20mL)
    • Cセラム(5mL)
    • QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)
    • QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)

  • トライアルキット:1,800円

 

「ビークレンってアメリカ発の化粧品でしょ?日本人が使っても大丈夫?」

 

という疑問が多いですが、日本人用に作られています。

 

最大の特徴は”ハイドロキノン配合”でリピート率98.5%!

 

また365日返金保証!他社ではありえない期間の保証です。

 

それほど、シミ対策に自信があるメーカーといえます。

 

 

デメリットは?

 

価格がややお高め。

 

またハイドロスキン配合の化粧品は妊婦や授乳中のママさんは担当医に相談しましょう。

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

【公式】→http://www2.bglen.net/

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容:
    • スポット集中化粧液
    • 化粧水
    • 美容美白美容液
    • 美容乳液ゲル
    • メイク落とし・洗顔料

  • トライアルキット:1890円

 

アンプルールと言えば、有名雑誌に対数掲載されているメーカーです。

 

ハイドロキノンラグジュアリーホワイトシリーズの中で最高濃度で配合されているため、美白スキンケアに期待できます。

 

 

デメリットは?

 

成分の中に、エタノール表記があります。

 

 

 

まずは初回限定のトライアルキットで試してみてください♪

 

 

 

アスタリフト ホワイトクリーム

 

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:
    • 美白化粧水:18ml
    • 美白美容液:5ml
    • 美白クリーム:5g

  • トライアルキット:1000円

 

富士フィルム独自の「ナノAMA」はちゃんと届く、働くように設計された化粧品です。
これ以上シミを増やしたくない・・というあなたにピッタリの商品です。

 

 

デメリットは?

 

トライアルセットだけでは、シミ対策は微妙です(汗)

 

 

 

 

美容Q&A

 

シミが気になる女性

 

 

顔にできるシミ&そばかすの原因とは?

 

顔にできるシミやそばかすの原因として、紫外線によるダメージや、ホルモンバランスの乱れなどが挙げられます。とくにもっとも大きな要因といわれているのが、紫外線ダメージの影響であり、シミやそばかすを防ぐためには、紫外線対策が重要だといえます。
肌にはもともとメラニン色素を作り出す機能があり、紫外線によってダメージを受けると、その分泌が活発化してしまいます。増えすぎたメラニン色素が肌に沈着し、シミやそばかす、くすみなどの美容トラブルを、生み出しているのです。
また、ホルモンバランスの変化や、皮膚の乾燥からくるターンオーバーサイクルの乱れも、原因の一つです。皮膚の再生が滞ってしまうことにより、肌内部に沈着したメラニン色素が、排出しにくい状態となります。
ターンオーバーを活発化させるには、健康的な食生活を送ること、適切なスキンケアを行なうことが大切です。とくに乾燥ダメージを受けているお肌は、ターンオーバーサイクルが乱れがちとなるため、しっかりと保湿ケアをしていくことも重要でしょう。
日焼け止めなどによる紫外線ダメージの予防、そしてスキンケアによるターンオーバーの促進が、シミやそばかすのケアでは大切となります。

 

化粧水の役割を解説

 

洗顔や入浴後に使用する化粧水は、スキンケアアイテムの基本と言っても過言ではありません。朝と晩、2回使用することが多いので、消費量が多いという特徴があります。化粧水には多くの美容成分が配合されていますが、その大きな役割は肌を保湿することです。

 

一般的な化粧水は、大半が水で作られています。そこにグリセリンなど肌を柔らかくする働きがあるエモリエント剤や、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されているのが特徴です。これを使用することで、肌を乾燥から防ぐことができると共に、その後に使用する乳液や美容液などの浸透率を高めることが期待できます。

 

さらに化粧水の役割として、肌の皮脂量と水分量のバランスを整えることもあげられます。おでこや鼻に分泌されやすい皮脂は、肌を外からの刺激から守るという働きがあります。ですが、過剰に分泌されすぎると毛穴の汚れや角栓、ニキビの要因となってしまうので注意が必要です。

 

これをケアするのにも、化粧水は効果的です。適量を使用することで皮脂の分泌を抑えたり、肌の状態を弱酸性に保つことが期待できるからです。収れん化粧水など肌を引き締める効果があるものを使用すれば、より効果を高めることが可能です。

 

シミの予防対策におすすめの食べ物とは?

 

紫外線を浴びるとメラニン色素が作られます。メラニン色素が過剰に生成されたり、ターンオーバーが正常に行われなかったりするとメラニン色素が肌に残り最終的にシミになってしまいます。できればシミの無いきれいな肌をキープしたいですよね。シミの予防対策におすすめな食べ物はいくつかあります。

 

まずメラニンの生成を抑えてくれるビタミンCを含んだ食べ物です。抗酸化作用があり強い肌を作るために重要な栄養素です。

 

水溶性で体内に蓄積されないので毎日摂ることが理想です。またコラーゲンの生成にも必要です。

 

イチゴや柑橘類、キウイフルーツ、トマト、キャベツ、ブロッコリー、緑茶などに含まれています。ただし、柑橘類やキウイフルーツにはビタミンCのほかに紫外線の影響を受けやすいソラレンという物質も含まれています。

 

 

食べた後に紫外線に当たるとシミができやすくなるので食べる時間帯に注意しましょう。

 

ビタミンEを含む食べ物は紫外線への抵抗力を高める効果があります。アーモンドやうなぎ、玄米、サンマ、カツオ、ごま、豆類に多く含まれています。

 

ビタミンB類を含む食べ物は肌トラブルの改善に役立ちます。豚肉やうなぎ、レバー、しじみ、卵などに多く含まれています。

 

コーヒーに含まれるポリフェノールも抗酸化作用がありシミを予防する効果があるといわれています。1日2杯程度飲むと効果があります。これらの食品を上手に取り入れてきれいな肌をキープしましょう。

 

 

 

 

産後の良くあるお悩みQ&A

 

赤ちゃんが寝てくれない時の対処法

 

産後のママは、出産の疲れがあってもなかなかゆっくり休めません。新生児のサイクルは3時間おきの授乳、おむつがえ、沐浴と忙しく続けて睡眠時間を確保することが難しいです。産後、多くのママの悩みに自分も休めないのに赤ちゃんがなかなか寝ついてくれないということが挙げられます。寝てくれないときの対処は様々なですが、赤ちゃんにも個性があるので、赤ちゃんにあった対処法を見つけることでママの悩みの解決にも繋がります。
まず部屋を暗くしてみると、赤ちゃんが落ち着きます。夜の授乳やおむつがえはできるだけ薄暗い中で出来ると、明るさで目が覚めてしまうことが、少なくなります。暗くしても寝てくれないときには、だっこでゆっくりゆらゆら揺らしてみると、ママのお腹の中を思い出して安心します。横抱き、縦抱きを試してみると良いです。だっこで寝てくれても、布団やベットに寝かそうとして離れると不安になり泣いてしまう場合があります。そんなときは、赤ちゃんは匂いに敏感なのでタオルに母乳やミルクを染み込ませて近くに置いてみると、ママのにおいで近くにいると思い寝てくれることがあります。子守唄、メリーなど音で寝かしつけることも有効です。目はまだあまり見えていませんが、耳は聞こえているのでママの声や優しい音楽で眠りに導けます。"